インフルエンザの予防

インフルエンザの特徴

【室内湿度とインフルエンザウィルス】

インフルエンザウィルスは湿度の高い環境に弱いことが判明しています。
温度が20度前後、湿度が20%前後が、インフルエンザウィルスにとっては最も生存に適した環境で、長期間空中に漂っていられます。
ある実験によると、温度20度、湿度20%に設定した室内にインフルエンザウィルスを吹き込み、温度を変えずに湿度を50%以上に上げると、70%のインフルエンザウィルス生存率が3%に減少しました。
また21度の室内で湿度65%の状態を16時間保てば、99%のウィルスが、増殖力や感染力を失ってしまうことも、ある研究結果から判明しています。
このように、インフルエンザ予防に室内湿度のコントロールが、いかに重要であるかが覗えます。

【冬季(12月、1月)の室内湿度について】

気象庁データによると2008年12月と2009年1月における東京の湿度は、12月が昼夜平均53%(最小湿度の平均は36%)、1月が昼夜平均48%(最小湿度の平均は33%)で推移しています。
仮に、外気と同じ空気質のまま 室温を20℃まで上げた場合の室内の湿度を算出すると、12月の平均湿度は29%(最小湿度の平均は20%)、1月の平均湿度は21%(最小湿度の平均は15%)となり、湿度は著しく低下します。
この数値は1か月の平均値ですので、実際には湿度の低い日の時間帯によっては、10%以下になることもあります。
このように冬季における室内は、非常に乾燥しやすいことがわかります。 このため、十分な室内湿度のコントロールが必要になります。

インフルエンザ対策には
こちらの商品がオススメ!

アイダッシュでは加湿による室内湿度のコントロールは勿論のこと、微酸性電解水二酸化塩素を利用して消臭・除菌にも効果のあるシステムを提供しています。

スカイクリュー除菌
スカイクリュー除菌
光触媒フィルターとHEPAフィルターを組み合わせて、細菌やインフルエンザウイルス、花粉、カビ、臭いを強力除去!
i - フレッシュCD-1
i – フレッシュCD-1
空気中にスプレーすることでインフルエンザウイルス、ノロウイルス、O-157に抜群の効果を発揮!
i - フレッシュCD-1のミスト噴霧装置(i - フレッシャー)
i – フレッシュCD-1のミスト噴霧装置(i – フレッシャー)
i – フレッシュCD-1」を効果的かつ効率よくミスト化出来る噴霧装置です。

「微酸性電解水加湿装置」
の実績 (病院用)

移動開始 部屋数 部屋面積(体積) 総面積(総体積) 目標湿度 方式
2007.2~ 1 400m2(1000) 400m2(1000) 50% ノズルによるミスト噴霧
2008.1~ 2 150m2(375) 300m2(750) 50% ノズルによるミスト噴霧
2009.1~ 6 150m2(375) 900m2(2250) 50% ノズルによるミスト噴霧

※横スクロールで全体を表示します。

[ 実際の実施例写真 ]

微酸性電解水生成装置本体及び配管
微酸性電解水生成装置本体及び配管
	配管工事①(電解水、空気、電気)
配管工事①(電解水、空気、電気)
配管工事②
配管工事②
配管工事③
配管工事③
ノズルから電解水噴霧①
ノズルから電解水噴霧①
ノズルから電解水噴霧②
ノズルから電解水噴霧②
お食事処でも安心して除菌、 脱臭、防カビ対策に最適です。
お食事処でも安心して除菌、 脱臭、防カビ対策に最適です。
臭気分子に直接作用し消臭する 化学反応型の消臭剤です。
臭気分子に直接作用し消臭する 化学反応型の消臭剤です。
お部屋全体のタバコ臭、カビ、 ウイルス、生活臭を除去出来ます。
お部屋全体のタバコ臭、カビ、 ウイルス、生活臭を除去出来ます。
脱臭/消毒の作業用に特化した移動式ミスト噴霧機です。清潔・安全・安心な生活空間を作りだします。
脱臭/消毒の作業用に特化した移動式ミスト噴霧機です。清潔・安全・安心な生活空間を作りだします。
食品の製造現場や厨房で使える安全性の高いシステム
食品の製造現場や厨房で使える安全性の高いシステム
病院や介護施設の脱臭・除菌に実績のある機能水です。食品添加物に指定されています。
病院や介護施設の脱臭・除菌に実績のある機能水です。食品添加物に指定されています。