賦活の種類

種類

この賦活の方法には無数の特許があり、文献にも各種の賦活法が発表されている。
現在、アメリカをはじめ世界的に広く、かつ最も多く採用されているのが、「ガス賦活法」であり、活性炭製造の主流を占めている。炭化物に対し各種の酸化性ガス(水蒸気、二酸化炭素、空気など)を高温(800~900℃)で吹き付ける方法である。
他には「薬品賦活法」がある。原料あるいは炭化物を薬品処理する賦活法であり、脱水性の塩類及び酸(塩化カルシウム、塩化マグネシウム、塩化亜鉛、リン酸、硫酸、カセイソーダ、カセイカリなどのアルカリ類など)が使用される。
活性炭の初期段階では、この薬品賦活法が主流を占めていたが、その後ガス賦活法に市場を奪われ、現在では「薬品賦活法」はある特定の用途に対してのみ用いられる。一般にガス賦活炭のほうがろ過性に優れるといわれるが、薬品賦活炭は液相の吸着性能に優れた特徴を持つ。

⇒活性炭情報室に戻る
⇒当社の活性炭・活性炭脱臭装置一覧はこちら

臭いに関するお問い合わせ・ご相談

アイダッシュのお問い合わせ・ご相談担当グループです。
「誠実とよりよいご提案」をモットーに、お客さまの臭いの悩みに応えさせていただきます。
私たちは、職人のような臭いに関する専門家集団です。常に新しい脱臭技術を情報収集し、検証しております。
少し頑固に感じられることがあるかもしれませんが、お客さまとともに、臭いに対する悩みを解決したいと考えております。
お気軽にご相談ください。

⇒消臭・脱臭に関するお問い合わせ・ご相談・お見積りはコチラから
どのようなことでも、お気軽にお問い合わせ下さい。